自己評価

★★★

一言感想

幼い時の過ちが、忘れた頃にやってくる。エンディングは結構衝撃的な感じになりました。

製作年

2012年

製作国

ドイツ

監督・脚本

製作

//

脚本

音楽

出演

///

公式サイト

おまけ

幼いころにあった事件が、大人になって蘇って来てエライ目に遭うという感じのストーリーでした。
いまいち展開が理解できないままストーリーが進んでいって、一体どうなっているのという感じでしたが、エンディングの方でやっと全体像がわかったという感じでした。
ストーリー自体は全然怖くもないし、特に面白いというわけでもない感じでしたが、エンディングで全体像がわかった時に、精神的にかなりくるなという感じでした。