自己評価

★★★

一言感想

元ロックスターの苦悩?を描いている作品で、ショーン・ペンの演技が何とも言えない感じで良かったでした。

製作年

2011年

製作国

イタリア/フランス/アイルランド

監督・脚本

共同脚本

制作

音楽

出演

ショーン・ペン//ジャド・ハーシュ/

公式サイト

おまけ

人気のロックスターが燃え尽き症候群?でボーっと過ごしている感じから始まり、こんなテンポで2時間も見るのかなと思ってしまった。
でも、見ていて飽きるということはなかったでした。
30年位上会っていない父の危篤の連絡が入り、そこから色々な展開を見せた作品でした。
父は自分の事を嫌いだと思い続けていること。
父の残した日記を見て、ある行動を起こしたり。
何となくしか理解できない感じでしたが、ショーン・ペンの独特の役柄や話し方が結構印象に残りました。

予告編動画