自己評価

★★★★

一言感想

脱獄犯と数日一緒に暮らす事になった母子、これからどうなるのかとハラハラドキドキものでした。

製作年

2014年

製作国

アメリカ

原作

ジョイス・メイナード

監督・製作・脚本

製作

リアンヌ・ハルフォン

製作総指揮

マイケル・ビューグ

出演

ケイト・ウィンスレット/ジョシュ・ブローリン/ガトリン・グリフィス/トビー・マグワイア

公式サイト

おまけ

脱獄犯のフランク(ジョシュ・ブローリン)と数日過ごすことになってしまった母のアデル(ケイト・ウィンスレット)と息子のヘンリー(ガトリン・グリフィス)のストーリーでした。
スーパーで買い物をしていたアデルとヘンリー、しかしそこで脱獄したばかりのフランクに出会ってしまい、家で休ませる羽目になってしまった。
普通の展開ならば、怖い事が待っているという感じですが、この作品は違った感じでした。
アデルは離婚などで心を病んでいる感じで、ヘンリーは意外としっかりしている感じ。
フランクは、殺人を犯していてるが、昔の傷を負っている感じ。
アデルとフランクはお互いの傷を埋めるかのように引き寄せる感じで何かいい感じに思えた。
そして、ヘンリーにとっても父親代わりみたいにいい影響を与えてくれる。
これも一種のストックホルム症候群なのかな?
見た感じではちょっと違う感じもしましたが・・・。
犯罪は悪いことですが、この作品に関しては何かほのぼのとして3人の関係はいいなと感じた。

予告編動画

 

動画配信見る