自己評価

★★★

一言感想

結構奥深い感じのストーリーで色々と考えさせられる感じで良かったでした!

製作年

2013年

製作国

イタリア

監督・原案・脚本

マリア・ソーレ・トニャッツィ

プロデューサー

ドナテッラ・ボッティ

音楽

出演

/ステファノ・アコルシ/レスリー・マンヴィル/ファブリツィア・サッキ//

公式サイト

IMDbサイト(英語)

http://www.imdb.com/title/tt2261434/

おまけ

ホテルの覆面調査員の独身中年女性のイレーネ()の生活を描いた作品でした。
この映画を見る前は、覆面調査員の調査はこんな感じで、ホテルの人に恐れられているみたいな感じの展開なのかなと思っていましたが、全然違っていました。
ホテルの調査のシーンでは、細かくチェックして大変でストレスが溜まりそうだなーとは思いましたが・・・。
この映画の言いたい事は、仕事、家族、恋愛など、どれがあなたにとって重要なのかという感じだったと思いました。
イレーネは独身だけど、覆面調査員は良いホテルに泊まれるし、家族なんて必要ないという考えだったが、ある事がきっかけで悩むことになるという感じでした。
イレーネの心情がよく表現されている感じで良かったでした。