自己評価

★★

一言感想

文学、同性愛、殺人がキーワード的な作品だったのかな?余り頭に入らなく楽しめなかった・・・。

製作年

2013年

製作国

アメリカ

監督・脚本

製作総指揮

ジョー・ジェンクス/ステファン・ソネンフェルド/ジャレッド・イアン・ゴールドマン

脚本

オースティン・バン

音楽

ニコ・ムーリー

出演

ダニエル・ラドクリフ/デイン・デハーン/ベン・フォスター/マイケル・C・ホール/ジェニファー・ジェイソン・リー/

公式サイト

IMDbサイト(英語)

http://www.imdb.com/title/tt1311071/

おまけ

昔、コロンビア大学で実際にあった殺人事件を元にした作品でした。
見た感じは文学的な事が大半をしめ、それにドラッグや酒や同性愛などが多々出てくるという感じでした。
文学的なシーンが多かったので、文学に全然興味が無い私はいまいち楽しめなかった!?
文学が好きな人は楽しめたかも!?
でもこの映画って殺人が主だったんですね。
ちょっと分かりづらい感じでした。
ダニエル・ラドクリフは体を張ったねという感じでした。

予告編動画